HOME > 新富町商店街について > 完成までの経緯
新富町商店街について
新富町商店街概要 理事長あいさつ 新富町商店街の沿革 モール化事業概要 完成までの経緯 モールの整備状況 モール化Q&A まちづくり協定書 まちづくり協定書 まちが個性を持ちはじめた Shintomi-style Shintomi-style
なお、PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要となります。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社のサイトにおいて無償で提供されています。
ダウンロードはこちらをクリック
完成までの経緯
 
 
1989年(平成元年) 3月
川越商業近代化委員会による「中小企業庁補助事業川越地域商業近代化地域計画報告書」の中で、新富町・サンロード商店街における電線地中化ならびにショッピングモール化が提案される。
      〃      4月
同報告書の提案を受けて、サンロード商店街がショッピングモール化の研究を開始する。
1992年(平成4年) 4月
サンロード商店街ショッピングモール化計画の作成、川越市道1342号線電線地中化事業等推進協議会の開催を受けて、ショッピングモール化の研究を開始する。
1995年(平成7年) 7月
市道1342号線電線類地中化事業第1期工事(サンロード商店街)着工。
1996年(平成8年) 6月
道路境界査定を実施し、モール化沿線の官民境界を明確にする。
      〃      7月
市道1342号線電線類地中化事業第2期工事着工。
1997年(平成9年) 3月
クレアモール第1期工事(サンロード商店街)竣工。
      〃      4月
サンロード商店街との統一愛称「クレアモール」を採用する。
平成8年5月25日から7月25日にかけて全国公募。応募総数は6024点。
最優秀賞「クレアモール」
      〃      7月
市道1342号線電線類地中化事業第3期工事着工。
1998年(平成10年)
クレアモール第2期工事(ヤマザキ時計店〜早川靴店まで)竣工。
1999年(平成11年)
クレアモール第2期工事(早川靴店〜吉野園まで)竣工。
構想から11年、延長750m、総延長900mのショッピングモール完成。
今後はクレアモール残り250mのショッピングモール化を目指します。